読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロントエンドとかのこと

HTMLとかCSSとかJavaScriptとかデザインのことを書きます

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアって極めたらどこにいくんだろう? とか最近良く考えます。

周りを見る限り、どこにもいきません。あんまり良い話じゃないですが…

どうしてキャリアパスについて考えたか

僕がフロントエンドエンジニアをちゃんとやりはじめたのが2010年の1月。 そこからひたすらウェブサイトを作ってきました。 2014年まではずっと制作会社で、スピード感とクオリティを求められていました。 割と言われたことをハイクオリティにやれば褒められた世界で、 それが心地良かったのを覚えています。

ある程度の実力がつくと採用に関わったり、教育に関わったりさせてもらえました。 しかし給料はそこまで増えません。一時期はぐっと増えたこともありますが、 相対的に見て増えただけです。

給料を上げるには?

この職業で例えば年収1000万円稼ぐのは至難の技です。 どれだけスキルが付いても、どの会社に入るかの運もありますし、 違う職能をのばしてお金を稼いでいる人がほとんどだと思います。 海外にでも行けば純粋なフロントエンドエンジニアのスキルだけでも稼げるかもしれませんが、 そっちは良くわかってません。

結局転職が給料アップのキーになったりするのですが、 それって根本的な解決になりませんよね。

じゃあどうしたら?

僕が思ったのは、先述の「違う職能をのばす」に注力しようと思いました。 フロントエンドエンジニアのスキルは自分が思うにとても尊いもので、 サービスを作るにあたって大事な部分を担っていると思います。

情報設計、マークアップ、デザイナーのサーバーサイドエンジニアの仲裁?などなど。 多くの知識とスキルを要する職業なんです。会社によりますけどね。

ではどの職能をのばしたら良いか考えたのですが、 僕はデザインだと思いました。

なんでデザイン?

現在のフロントエンドエンジニアは、割とエンジニア色が濃くなっています。 新しい技術をひたすら追い求めて、アウトプットしていく。

ただ、そこに情報設計のスキルはあまり活きてきません。 これまで培ってきたはずなのに。

そう考えるとデザインを身に付ける方がより有益だと感じました。 デザイナーはサービスにおいて大事なことを意識しながら情報設計をしていく 職業なので、そこに辿りつければディレクターなどの道も開けていくんです。

ドラクエシリーズの上級職みたいなものですね。

結論

フロントエンドエンジニアを純粋にやっていたら、一定以上は稼げないと実感しました。 だから僕はデザインを。他にも良い方法があるかもしれませんが、 やってみないとわかりません。

技術を追うのが楽しい時期もありますが、 そうで無くなったとき、新しい道を見つけた方が良い気がしました。

スポンサーリンク