フロントエンドとかのこと

HTMLとかCSSとかJavaScriptとかデザインのことを書きます

フロントエンドエンジニアの生きる道

フロントエンドエンジニアは当たり前にHTMLが書けます。

デザイナーの要件も問題なく達成できるのは基本ラインでしょう。
 
その上で極めるべきである道があるので、そこについてお話をさせていただきます。
 

フロントエンドエンジニアはどこで生きているか

僕が思うフロントエンドエンジニアは、サーバーサイドエンジニアとデザイナーの間で生きています。
どちらが求める要件も満たさなければ企画は達成されず、妥協に基づいたプロダクトを作ることになるでしょう。
 
妥協はベネフィットを鑑みると毒でしかなく、できる理由を考えた結果とはベクトルが違います。
 

フロントエンドエンジニアは折衷案のプロである

狭間に生きているからこそ、折衷案によって納得させる力量が必要になります。
デザインは完遂できる前提のため、問題はサーバーサイドとの兼ね合い。
そこは譲歩できるようなスキルが必要になります。
 

譲歩するためには

サーバーサイドの最低限の知識が必要になります。
そのためにはサーバーサイドも含めて、自分が作りたいプロダクトを作ってみましょう。
僕の場合は趣味に即したものでした。楽しいし技術的な利益になります。
 
ただ、サーバーサイドの実装マターで捨てなければならない要件は本当に捨てないといけないかの議論をするべきです。
実装が追いつかないから大事な要件を捨てることはなるべく避けましょう。
誰のために作るプロダクトなのかを考えればその理由は明白です。
 

結局フロンエンドエンジニアが目指すところ

ジェネラリストに近いです。
程遠い未来に見える方は、何かのHTMLを書くことに集中してみてください。
サービスの本質、伝えたいことにマークアップは比例してきます。
 
マークアップを鍛える=マークアップによってサービスが伝えたいことの重要度を考えることになるため、重点的にHTMLを考えて書きましょう。
 
別記事で解説している通り、デザインを再現する言語になってしまったら本末転倒です。
文章を正しく構成するための言語という前提を忘れずプロダクトを作っていれば、道は拓けるはずです。
 
結局何でも情報設計ですね:)

スポンサーリンク